コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 知っておきたい!注文住宅の基礎知識 » 注文住宅を建てる際の流れ
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

投稿日:

注文住宅を建てる際の流れ

注文住宅を建てる際には、土地探しや施工・引き渡しといった様々な工程があります。確認しておきたいポイントや流れをチェックしておくと、希望のイメージとピッタリ合った住宅を建てやすくなります。家づくりをスムーズに進めるための参考にしてみてください。

注文住宅を建てる前に

注文住宅を建てると決めた時に決めたときには、家のイメージと資金計画を事前に決めておくことが重要になります。家のイメージは、住宅での暮らし・住みたいエリア・利便性・住宅デザインなどから絞り込んでいくことが大切です。考えていく上で絶対に譲れないことや妥協できることに関して優先順位を決めておくとスムーズに家づくりを進めていけます。この時、魅力的に感じる家の写真やイラストを複数準備しておくと担当者に伝えやすくなります。

また、資金計画では、現在の貯蓄額や自己資金として用意できる金額・住宅ローンで無理なく返済できる金額などを事前に洗い出しておくとその後の流れがスムーズです。

この時、土地代や建築代いずれかのみを考えるのではなく土地代+建物代として全体のバランスをよく考えて計画を立てることが重要です。

資金面とイメージの両方を事前に決めて、上手く進めていきましょう。

注文住宅を建てる工程

注文住宅を建てていく中での土地探しから引き渡しまでの工程を紹介していきます。

土地探し

ネット検索や不動産会社を通して土地を探していきます。これと同時に注文住宅を依頼する会社も探すとスムーズに進められます。土地の立地や形によってはイメージしている家が建てられないこともあるので、可能であれば家づくりを依頼する会社の担当者と一緒に土地を見に行くのがおすすめです。迷った場合には、会社選びや土地探しのアドバイスをもらえるところに相談してみましょう。

この時、土地探しの期限や希望条件の優先順位を決めて進めると、いつまでも探し続けることなく希望と少し違う土地が見つかった場合にもスムーズに進められます。

土地購入の申請

購入したい土地が見つかったら、不動産会社から土地に関する重要事項の説明を受けましょう。土地を購入する場合には宅建法で購入までに購入者に対して宅地建物取引主任者が購入する土地や物件の重要事項を記載した書面を口頭で説明をしなくてはいけないと定められています。説明を受ける際には、事前に調べた情報と説明を受けた情報が一致しているか確認していきましょう。

特に問題がなければ、売主に購入の申請となります。建物の代金と一緒に土地代もローンで借りたい場合には、購入申請するまでに会社候補をある程度絞っておきましょう。建物のラフプランと概算見積が必要になるので、書類を揃えやすくなります。

建築費用の検討・ローンの事前審査

住宅ローンの借入先を選んで、事前審査に申し込みます。審査に必要となる書類は、ローンを申し込む金融機関によって異なるので注意が必要です。必要書類は早めに確認しておきましょう。

住宅の草案作成

住宅の草案ともいえるラフプランを作成していきます。このままのプランで家づくりが進むわけではありませんが建築会社を決める前にラフプランを作成してもらっておくと、この工程がスムーズに進みます。ラフプランはローンの事前審査でも概算見積の金額を借入先に提出する必要があるので候補の会社には出してもらうようにするのがおすすめです。

建築を依頼する会社の選定

どの会社に依頼するかを比較検討していった結果、1つの会社に絞れたらその会社とより詳しく具体的にプランを練っていきましょう。

土地の売買と工事の契約

土地の売買契約や具体的なプラン内容や見積が決まったら工事請負契約を結びます。

工事請負契約では、「工事請負契約書」「工事請負契約締結書」「見積書」「設計図書」という書類が4つ渡されます。いずれも内容が多く、その場で全て確認するのは難しいため、事前にコピーをもらっておくとスムーズに進めることが可能です。

建築士に依頼する場合にはこのタイミングで設計料を払うことになります。基本的にはこの時に契約金を払って、建築費用は分割して支払っていくのが基本的な流れになります。

建築確認申請

プランが決まったら、建築確認申請をしてプランが法律に違反している部分がないかを役所や専門の期間にチェックしてもらっていきます。この後にプランや申請した内容を変えてしまった場合は、もう一度申請し直すことになるので注意しましょう。申請が無事に通過したら建築確認済証を受け取り、住宅ローンの本審査となります。建築会社が代理申し込みをしてくれることもあるので早めに相談してみましょう。

住宅ローンが通過しても、ローンが実行されるのは住宅の引き渡し後となっています。もしも、その前に土地代や住宅に関する支払いでローンを利用したい場合には「つなぎ融資」の利用も検討しましょう。

工事の着工

本審査に通過したら、工事の着工となります。地盤調査や敷地内の建物の位置を示す地縄張り・遣り方を行った後に近くの住宅にも影響が出るので挨拶をして工事安全を祈る地鎮祭を行います。

購入した土地が盛り土した土地の場合、地盤が弱いと判断されることもあります。そのため、ハウスメーカーや施工会社にから専門業者に依頼して調査を行い、地盤が弱かった場合には地盤の改良工事を行うことになります。

特に問題なければ、その後、工事がスタートします。着工→上棟→竣工といった流れで進んでいきますが、工事が行われている間は定期的に現場を訪問してどのような状況なのかチェックしてみましょう。職人さんと定期的に顔を合わせていくことで急なプラン変更や造作棚を作ってもらえたりした事例もあるのでコミュニケーションをこまめにとっておきましょう。

住宅の完成と引き渡し

工事が終われば新居は完成となります。竣工検査を行い、担当者による建物全体が申請通りになっているかどうかのチェック・検査機関の建物チェックを経て、再度施工主も再度竣工検査に立ち会ってチェックしていきます。特に何もなければ登記といった作業を経て鍵を受け取り、引き渡しとなります。

竣工検査の時のチェック項目はインターネットでも入手できるので施工主側も事前に目を通して準備しておきましょう。

無事にすべての工程が終わり、鍵を受け取ったら住宅の近隣の住民へ挨拶をしましょう。手土産も一緒に持っていくと喜ばれて関係も築きやすくなります。

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円