コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 知っておきたい!注文住宅の基礎知識 » 注文住宅を建てる工務店とハウスメーカーの違い
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

投稿日:

注文住宅を建てる工務店とハウスメーカーの違い

注文住宅を建てるとなると、ざまざまなことを決めなければなりません。その中でも最初の決断となるのが、注文住宅の建設依頼先です。選択肢は、大きく分けて工務店もしくはハウスメーカーに分かれるでしょう。ここでは、工務店とハウスメーカーの違いを解説していきます。

工務店

工務店は、地域密着型で建物の工事を全体的に請け負う業者です。設計を依頼した工務店が施工も行うことが一般的で、新築はもちろんのことリフォームも請け負っています。工務店はその規模によって、小規模の工務店、フランチャイズ加盟の工務店、大手工務店の3つに分けられます。

小規模の工務店は、大工の棟梁が設計から施工までを管理している工務店です。設計は、棟梁もしくは社内の建築士が行います。

フランチャイズ加盟の工務店は、ハウスメーカーのフランチャイズに加盟している工務店です。建物の工法や企画はフランチャイズ本部から提供されるので、小規模の工務店でも活躍できます。

大手工務店は、設計から施工までを行いつつ、自社独自の建材や設備、住宅モデルなどをシリーズ化して提供しているのが特徴です。

工務店のメリット

設計の自由度が高い

あらかじめ用意された住宅モデルが多いハウスメーカーに比べ、工務店には設計の自由度が高いというメリットがあります。木造建築をはじめ、工務店によっては鉄骨造、鉄筋コンクリート造にも対応可能です。キッチン・バス・トイレなどの箇所を希望に沿ったメーカーで対応してくれるため、施工主一人ひとりの好みに合わせたものを選べます。注文住宅は自分の理想の住まいに必要なものをつぎ込めるぶん、自由度の高さは最大のメリットといえるでしょう。

長期的な付き合いが期待できる

住まいが完成したらそれで終わりというわけではありません。何世代もの家族がその家に住むケースも考えると、定期的なメンテナンスや老朽化した部分の修繕は欠かせません。工務店は、地域密着で業務を行っているので、住まい完成後も長期的な付き合いが期待できます。屋根の雨漏りや外壁の破損などのトラブルがあった場合、すぐに駆けつけてくれるのも魅力のひとつです。

工務店のデメリット

品質が工務店によって変わる

大工や社長の腕はそれぞれの工務店によって異なるため、住宅の品質に差が出る場合があります。品質やアフターサービスの内容も工務店ごとに変わるぶん、希望の家を建ててくれる工務店かどうか、保証内容やアフターフォロー、実績なども念入りに確認しましょう。

融資などの資金プランを自分で立てなくてはいけない

住宅を建てる際には資金プランが必要不可欠です。しかし、住宅ローンをはじめとする資金プランの相談・サポートがさほど手厚くない工務店もあります。そのため、施工主自身がローンや資金プランを考える必要があります。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、全国に多数の支店を展開している業者です。TVやインターネットなどで大々的な広告をしていることも多いので、有名なハウスメーカーは多くの人が知っているでしょう。ほとんどのハウスメーカーはさまざまな住宅モデルを提供しており、「品質管理」「安全管理」などの基準も兼ね備えています。

ハウスメーカーのメリット

高い品質が保たれている

数多くの支店があるハウスメーカーでは、どの支店においても品質のレベルが一定に保たれています。ハウスメーカーでは、世界共通の規格である「ISO9001」を取得している会社も多いので、支店ごとの品質にばらつきがないのも特徴のひとつです。同じハウスメーカーならどの支店で住まいを建てても同品質の完成度が保障されます。

自社独自の工法や設備を持つハウスメーカーがある

各ハウスメーカーの中には、独自の工法や設備などを持つ業者があります。特に、住宅の安全性能を大きく左右する耐震工法や免震装置は注目すべきポイントです。住宅モデルをブランド化しているハウスメーカーもあるので、個性的なコンセプトの住宅を建てられます。

ローンの審査に通りやすい

注文住宅を建てるには、住宅ローンを組むのが一般的です。そのため、ローンに通りやすいかどうかは重要なポイントとなります。ハウスメーカーの住宅は高い耐震基準を満たしている場合が多いため、住宅ローンとの相性が良いのもメリットのひとつです。

ハウスメーカーのデメリット

ワンストップでないと要望が伝わりにくいことがある

ハウスメーカーでは、営業、設計、公務などの部署が分かれています。そのため、部署間の連携がきちんと取れていないと施工主の要望がうまく伝わらない場合も。スタッフの異動が頻繁に行われるハウスメーカーだと、長期間に渡るメンテナンスを受けるのが難しい場合があります。

設計における自由度が低い

ハウスメーカーでは住宅モデルがあらかじめ用意してある反面、そのモデルと大きく離れたデザインの住宅を建てることが難しいです。建築基準法をクリアしているのはもちろん、それ以上にレベルを高く設定するハウスメーカーでは、住宅の質が高くなるぶん自由度が低くなります。

費用が高くなるケースもある

ハウスメーカーの運営には、工務店よりも広告宣伝費をはじめとする経費が多くかかる場合もあるため、住宅の建築費用が高くなるケースもあります。

工務店・ハウスメーカーの選ぶポイント

予算や希望する間取り・デザインでチェック

どの工務店、ハウスメーカーを選ぶかの基準は、予算や間取り、デザインの希望によって大きく左右されます。まずは自分がどのくらいの予算を用意できて、どんな間取りやデザインの家を建てたいかまとめましょう。事前に家の構想を練ることで、工務店やハウスメーカーが選びやすくなります。

担当者の対応

担当者とは、家を建てるときだけでなく、建てた後も長い付き合いになります。そのため、担当者の対応の良さは非常に重要です。担当者の対応を見て、十分信頼できると思った工務店やハウスメーカーを選びましょう。

施工実績・施工事例も確認する

優れた工務店やハウスメーカーを見つけるには、施工実績や施工事例のチェックは欠かせません。特に、ハウスメーカーならほとんどの場合公式サイトに施工事例を掲載しているので、どんな住まいを建てているかをチェックできます。また、住宅展示用や見学会に参加して、建てられた家を実際に見てみるのも重要です。

口コミ評判を確認する

依頼を検討している工務店やハウスメーカーで注文住宅を建てた人の口コミは重要な情報源です。場合によっては、公式サイトなどでは把握できない情報も手に入るので、しっかりチェックしましょう。

それぞれの特徴を確認して会社を選ぼう

工務店とハウスメーカーにはそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらか一方が優れているわけではありません。各メリット・デメリットを確認し、理想の家の条件にどちらが当てはまるか照らし合わせたうえで、適切な業者を選びましょう。

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円