コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 知っておきたい!注文住宅の基礎知識
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

公開日:|最終更新日時:

知っておきたい!注文住宅の基礎知識

川崎市で家を建てるなら、どのような点に気を付けると良いでしょうか。ポイントを絞って見ていきましょう。

川越市の補助金制度

川越市では、新築住宅を建設する場合の補助金支給はありません。また、建設ではなく中古物件などを購入する場合にも補助金支給は行われないため注意が必要です。ただし、エネルギー設備などを導入する場合には補助を受けることが可能ですので、設計前に問い合わせを行いましょう。

注文住宅を建てる流れ

注文住宅を建てる際には、まず土地の選定を行います。もしくは選定時から工務店やハウスメーカーへ依頼し、理想の土地探しから行ってもらうことも可能でしょう。その後土地に適した形で、住宅の設計やデザインを行っていきます。

依頼する工務店やハウスメーカーによって得意な領域が異なるため、可能であればある程度土地に目星を付けておくと話がスムーズです。

注文住宅で使用する断熱材とは

断熱材は「繊維系」「発泡プラスチック系」「天然素材系」に分けることが可能です。住宅の立地や予算によって利用できる断熱材が異なるほか、地域に即した最適な素材を検討することが非常に重要です。

家を建てる初心者には最適な素材が分かりにくいほか、設計上利用しにくい素材もあります。プロに確認をしながら決定していきましょう。

工務店とハウスメーカーの違いとは

工務店はいわゆる地域に密着した設計会社で、大工さんが施工を行っている場合がほとんどです。一方でハウスメーカーは全国的に展開しているため、拠点の営業所の営業担当者がプラン選定のお手伝いをしてくれます。

工務店は自由設計であることが多く、白紙の状態から設計図やデザインを仕上げていきます。一方ハウスメーカーは既にある幾つかのプランから住宅を選択する場合が多く、自由度という点では劣る一方でコストメリットは高いと言えます。暮らし方や住宅の理想形に合わせて検討しましょう。

フルオーダーとセミオーダーの違いや規格住宅

フルオーダーの場合は、住宅ひとつひとつに合わせる形で設計を行っていきます。一方セミオーダーの住宅は、ある程度の規格が決まっている中から、デザインや性能といった観点で理想的なものを選択していきます。また、規格住宅はある程度住宅の規格が決まっているため、決められた規格から選択するのがポイントです。

設計の自由にそれぞれの特徴があることはもちろん、コストメリットもそれぞれ異なります。予算などに応じて最適なプランを検討しましょう。

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円