コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » そもそも川越市ってどんな街?地元民が語る川越市の住みやすさ案内板 » 川越市の台風の対する対応・対策事情
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

川越市の台風の対する対応・対策事情

台風に対する川越市の対策と対応

このところ台風で甚大な被害を受けている場所がたくさんあります。川越市は埼玉県の中央部よりやや南部に位置し、35万人以上の人が暮らす町です。人々が安心して暮らしていくために川越市が取っている台風への対策と対応についてまとめてみました。具体的にどのような対策が取られているか見ていきましょう。

情報の把握と提供

台風の被害は主に風と雨。特に雨による河川の増水・氾濫は大変な事態です。避難のタイミングが少しでも遅れてしまうと、命を危険にさらす確率が上がってしまいます。また、正しい気象情報も大切な判断材料となります。

そこで大切になってくるのがリアルタイムの情報です。

川越市水位監視カメラ

台風による河川等の増水時の安全対策として、水位監視カメラが設置してあります。カメラがあるのは、川越市内の江川流域都市下水路及び芳野台グラウンド(旧芳野台野球場)です。水位上昇の様子を、専用サイトでリアルタイムに誰でも見ることができます。

川越市防災気象情報

川越市防災気象情報サイトでは、詳細な気象情報が得られます。3時間ごとの天気・降水量・気温・風向き・風速が掲載されています。各地に発令されている注意報や警報も載っているので、台風が来る前や台風時にはこまめにチェックすると良いでしょう。

川越市洪水及び内水タイムライン

川越市洪水及び内水タイムラインは、台風の接近などによって河川の水位が上昇するときに、自分自身が取る標準的な防災行動を時系列的に整理してとりまとめたタイムライン(防災行動計画)のことです。このタイムラインを参考に自分や家族を守るマイ・タイムラインを作り、家族で共有することを川越市では推奨しています。

ハザードマップ

川越市のハザードマップは「川越市地震ハザードマップ」「土砂災害ハザードマップ」「水害ハザードマップ」「内水ハザードマップ」があります。

台風による水害の対策に必要になってくる水害ハザードマップは、荒川・入間川流域洪水ハザードマップ、新河岸川洪水ハザードマップ及び内水ハザードマップの3種類のマップをひとつの冊子にまとめたもので、平成30年12月25日号の広報誌と同時に川越市民に配布されています。

この水害ハザードマップを参考にして、水害時の安全な避難経路や指定避難所を調べて先述したマイ・タイムラインなどに書き込んでいくとあなたやあなたの家族のためのオリジナル水害ハザードマップが完成します。

休日などを利用して家族で避難経路を確認しておくと、いざというときに役立つでしょう。

防災情報配信サービス関係

防災情報を得る手段はいろいろ用意されていますが、SNSやメールを利用したものが主流です。川越市の防災情報配信サービスを紹介します。

川越市防災情報メール配信サービス

大規模な災害が発生、または発生するおそれがある場合に、防災行政無線や広報車の巡回では情報伝達できない遠隔地(勤務先等)にいる市民や屋内にいる市民及び聴覚障害者に対し、より確実に災害情報を提供できるようにするためメール配信サービスを提供しています。

提供する情報は避難勧告・避難指示・避難所開設状況などの災害関連情報と、防災対策として防災に関する市からのお知らせ情報・総合防災訓練のお知らせ・防災に関する啓発メッセージなどとなります。

川越市の公式サイトにあるメール配信サービスより登録可能です。PCまたは携帯電話、スマートフォンで利用できます。

ツイッターによる防災情報発信

川越市では、災害情報等を発信する公式ツイッター「@kawagoeshibosai」アカウントを公開。実際に、Twitterによるリアルタイムな情報で避難の判断が早くできたという話も聞きます。

防災行政無線の放送

防災行政無線は、大規模地震等の災害情報を市民へ連絡する手段として、市内295箇所に拡声子局(スピーカー)を設置し必要なときに放送を行っています。無線放送された内容は、直後から川越市ホームページで確認できるほか、防災行政無線電話応答サービスによって電話で内容を確認できるようになっています。

警戒レベルを用いた避難情報等の発令

川越市では国が平成30年7月豪雨を教訓とし改定した「避難勧告等に関するガイドライン」を用いて情報提供を行っています。このガイドラインでは避難情報・防災気象情報について、取るべき行動がわかりやすいように5段階の警戒レベルにまとめています。

避難所設置

川越市では、「○○の住所の方は○○学校」といったように、住所ごとに避難所を指定する方式を取っておりません。そのため、自宅から最も避難しやすい避難所を普段から確認しておきましょう。また、通常は最も近い避難所へ避難することが想定されますが、災害により、最短ルートが通れないなどの場合を考慮し、いざというときに避難のしやすい避難所を普段から2、3箇所確認しておくことを推奨しています。

台風により被災された方が受けられる各種制度

り災証明書等の交付

罹災証明書等の申請受付は福祉推進課窓口で行っています。

り災証明書で「全壊・半壊」の認定を受けた方

被災した「全壊・半壊」家屋等の解体については、生活環境保全上の支障となっていると市が判断した被災した家屋等の解体・撤去を、市が所有者に代わって行うことができます

仮住まいの貸出し

台風によって自宅に被害を受けられた方へは、仮住まいの貸出し(市営住宅・県営住宅等)を行っています。

災害ごみの持込み手数料

浸水等による被害を受けられた方は、災害ごみの持込み手数料が免除されます。

災害ボランティアセンター

災害の程度によって、市がボランティアセンターを立ち上げます。自分は被災していないけど手助けけがしたいといった場合には、まずボランティアセンターへ問い合わせましょう。

まとめ

川越市ではほかにも、避難勧告等発令のための必要な判断基準や取るべき避難行動についてマニュアル化されていたり、浸水被害対策として住民の誰でもが自由に使える土のうステーション(簡易土のう置き場)を新たに3基追加設置したりなどしています。
安心して生活できるための取り組みは一度決めたらおしまいではありません。災害が起こる前の防災啓もう活動から、起きてしまったときにスムーズに対策がとれるようにするための防災訓練にいたるまで、力を入れています。

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円