コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » いまさら聞けない!注文住宅の費用解説 » 賃貸vs持ち家、どっちがお得?
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

賃貸vs持ち家、どっちがお得?

賃貸と持ち家について説明しています。今後どっちで暮らしていこうか迷っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

「生活」するのに欠かせないのが住まいです。賃貸にするか、持ち家にするかという選択は、人生の中で大きな決断となるので迷ってしまうもの。できることなら、生涯で見たときに支払額が少ない方を選びたいですよね。

まずはどちらが良いか考える

持ち家に関して考えてみると、一番大きな支出の部分は住宅ローンの支払いについてではないでしょうか。しかし支払いが済むと意外と負担は軽くなります。買い物時に提示される額が大きい分、負担も大きいように見えてしまいますが、実はそんなことはないかも。固定資産税や管理費などランニングコスト的な費用はもちろん掛かりますが、住宅ローンを払い終えているために老後の負担は軽くなります。老後の住居費にかかる費用は少なくなり、支出を抑えることが可能です。ただし、転勤が多い場合や、将来の計画が定まっていない場合、長く住むことが見込めない場合などは長期ローンを組むことがリスクになるので賃貸のほうがメリットのある場合もあります。

人生においての資産形成として大事

しかし、住宅を自分自身で買うことをせずに、毎月の家賃を払い続けることが自分たちにとって、知らぬ間に大きな出費になっており、それを老後の貯蓄に回せる可能性もあるのです。賃貸なのか、持ち家なのかは今後の人生において、資産形成をするのにとても重要な項目になってきます。ですから、一番大事なことはこの記事を読む前に、ご自身の状況をふまえた人生のプランニングについても頭のかたすみに入れていただき、将来設計をどのように考えているのか少し明確にしていただくことが大切になってきます。

逆算で予算を考える

それを考えたのちに、逆算でご家庭の予算を照らし合わせたうえで、とにかく無理のない選択を心がけて、考えるょう。どちらもメリットとデメリットが存在し、もちろん正解はありません。納得のいく決断ができることが一番重要ですので、これからそれぞれのメリット・デメリットを記載しています。個人個人の収入はもちろんのこと、普段の働きかたや何に一番重きを置いているのかといった、ライフスタイルなども踏まえて、価値観にあった最適な住まい選びを心掛けましょう!!さっそく、賃貸と持ち家について説明します。

賃貸のメリット

賃貸の最大のメリットは住まいをすぐに変更できること。万が一、騒音に悩まされたり、隣近所との人間関係が上手くいかなかったりしても引越しできます。また、持ち家は月々のローンを返済しなければならないため、それをストレスだと感じてしまうことも。

さらに、賃貸は転職や転勤、急な出費や家族の入院や突然の不幸などで家計がピンチになった場合、安い賃貸の物件に引越しすれば済みます。そのように臨機応変に対応できることは大きなメリットといえるでしょう。とっても気楽に暮らせること、失敗してもすぐにやり直しがきくところが賃貸の良いところだと考えられます。

何か起きた場合やり直しがきく

例えば、最寄り駅の沿線に賃貸を購入し、住んでみたら周辺環境が劣悪だった、近所トラブルが多い、はたまた事件が起きて警察沙汰が起きたなど、もし何かが起きても購入した家では簡単に場所はもちろん変えることができません。その点、引っ越しだけで、住む場所を変えることができるので、やり直しがききます。結婚、出産、子どもの独立、親との同居など、さまざまなライフサイクルの変化に合わせて住み替え可能なので、一人暮らしや、転職してすぐ、転勤の可能性が大きいなど将来のライフプランが確定していない人には賃貸のメリットが大きいといえるでしょう。

生活に変化を加えられる

好みによって間取りを自由に選べることも魅力のひとつです。なんとなく住んできて飽きてしまった場合、間取りを変えたくなっても購入では簡単に変えられません。

また、自分自身ではどうすることもできない、周辺の環境の変化もあります。もし気に入らなくなっても変えればよいだけなのでそこも安心かもしれません。もし隣に大きなビルやマンションが建って光が入りにくくなったら困りますね。近くの緑地が駐車場になった、上下階や隣戸に困った人が引っ越してきた等も考えられるのではないでしょうか。

さらに、飽きっぽいかた、生活環境を定期的に変えて気分を入れ替えたいかたには賃貸が向いていると考えられます。

賃貸だと、ローンの返済がない分、自分の好きな物や趣味などに投資することができるのです。ただ、老後も支払い続けなければならないので、ある程度貯蓄することも大切です。

契約時に敷金として家賃1ヵ月分の金額、礼金として家賃2ヶ月分の金額、仲介手数料として家賃1ヵ月分が必要になりますが、それ以降は家賃と共益費のみ。修繕費や維持費は必要ないため、マイホームと比べるとだいぶ負担が減りますよ。

持ち家のメリット

家を建てることに対して憧れを持っている方は多いもの。持ち家にはたくさんのメリットが存在します。賃貸は部屋を借りているので、なかなか自分の思い通りの室内にできません。しかし、持ち家はすべて自分の好みを取り入れて理想の住まいを作ることができます

「広い庭が欲しい」「キッチンやベランダは広い方が良い」などのこだわりをマイホームに反映できるのです。自分好みにアレンジやリフォームが可能ですので、リフォームして、室内・室外を変えることも可能なので、飽きることなく自由に暮らせるのは持ち家ならではのメリットだと言えるでしょう。

老後の心配がなくなる

その他のメリットとして、一番のメリットは老後の住宅への心配がないことでしょう。

持ち家ははじめの支払いがとてもきついものの、後々の生活が楽になるといわれています。なぜならば、選ぶローンや種類によりますが、住居を購入してから年月が経てば経つほどローンの元本も減ることになります。

さらに、一度完済してさえすれば一気に楽になるのです。住居の購入方法には、一括ですべて支払ってしまう方法と、住宅ローンを組むので毎月一定額を支払っていく方法があります。一括で数千万円を支払える人はなかなかいません。ですから、ほとんど一般的な人は住宅ローンを利用することになります。しかし、ローンを組める安定した資金があることが条件にはなります。多額の頭金を用意し、さらに毎月のローンの支払いがありますので、十分な資金と安定した収入が条件となります。簡単な審査のみで、あまり苦労することなく、借りることができる賃貸と比較してみると、購入時のハードルが高いです。それによって、購入に踏み切れない人も少なくないでしょう。

最初のハードルが高いものの、完済してしまえば、楽になることも事実ですので、老後のことを考えると元気なうちに多額の支払いを終えてしまい、後々の人生が楽になるので持ち家はメリットが大きいといえます。また、もし新築では高すぎる、勤務地を考慮すると都心部にしか家を持てないという方には、中古マンションをリノベーションして購入する方法もあります。そうすることでトータルのコストを抑えて購入することができるのです。最近ですと、国による住宅ローン減税によって、負担も軽くなります。

その他のメリット①

また、間取りが決められた賃貸とは違い、自分好みの間取りにアレンジしたり、リフォームを自由に行ったりすることができるというメリットもあります。

また、賃貸物件だと騒音問題に悩まされるケースもありますが、持ち家であればそのような心配は不要です。さらに、敷地内なら駐車場代もかかりませんし、更新料ももちろんありません。賃貸のような管理費がないというメリットもあります。そしてなにより持ち家は自分の財産になります。老後に引っ越すことになったとしても、資産として活用することができます。

例えば、購入した家が駅の近くなどい位置しており、利便性のいい物件は資産価値が高いです。ですから、それにふさわしい価格で売却も可能になります。さらに、リフォームなどをして、賃貸に出したり、改築してアパートなどに改装したりすれば家賃収入を得ることができます。老後の資産や十分な副収入として家賃収入を活用することもできるのです。その場合、資産価値がとても重要になってくるので、買手が付くような立地を最初に選ぶことも必要です。具体的には、マンションであれば角部屋や最上階、持ち家であれば主要駅の沿線など、人々が魅力的だと感じる条件はある程度想像できるので、売却時のこともある程度念頭に置いて探すとよいと思います。その収益を引越し先の住居費や、老人ホームの入居費用、郊外のマンションの購入費用に当てることも出来るのです。持ち家は資産になるので、それを自分の子どもに残すことができるのもメリットの一つということができます。

その他のメリット②

さらに、高齢者は賃貸物件を借りにくい場合があります。あまり声を大にして言いにくいことではありますが、賃貸物件の大家さんの中には、高齢者へ賃貸物件を貸すことをためらう方もいることも事実です。理由としては、高齢者の孤独死や認知症が心配だということです。

さらに、賃貸を借りるときに連帯保証人を求めるところも存在します。借りにくいというだけで、住む場所がないというわけではないですが、持ち家か賃貸かを選択する上での参考になるのではないでしょうか。このようなことを考慮すると、豊かな老後のためには「賃貸」よりも「持ち家」の方が有利かもしれませんね。

今は「購入」しても良いのか悩みがちですが、自分や子供の将来のことを考えると、購入する方が今後安心して暮らせるでしょう。ローンを支払い終わったら、負担も減るので賃貸のように老後も賃料を支払い続けることももちろんありません。絶対的にどちらがより良いということは決してなく、一ヵ所に長く住み続けるという家庭の場合には、持ち家のほうがお得です。自分のライフプランを長い目で考えてみて最適な選択ができるように情報収集を怠らないようにしましょう!!

対決ポイントまとめ

賃貸

  • 住み替えができる
  • 住宅ローンを支払うリスクがない
  • 大地震で家が壊れてしまったときのリスクがない
  • 値下がりのリスクがない

持ち家

  • 老後も安心して暮らせる
  • 支払った金額同等の資産が残る
  • 自分の好みの家に住める
  • 同じ物件の場合、家賃を支払い続けるよりもローン支払いの方が安い

人によって選ぶ基準は異なるので、「これが絶対に良い!」ということはありません。ただ、若い人にとっては賃貸の方がラクな面がたくさんあります。しかし、自分の老後や子供のことを考え、将来を見据えて決めるとなると、購入という選択がベストだと言えるでしょう。

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円