コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 住宅工法から比較して選ぶおすすめ3社 » 木造建築は耐震性が心配?
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

木造建築は耐震性が心配?

昔ながらの住宅工法である木造建築。安全性や耐久性はあるのでしょうか?木造建築にまつわる審査について調べてみました。

木造建築の方法や審査について知る

木造建築とは

木造建築は柱と梁を組んで建物を建てる方法です。日本に昔からある方法で、多くの建築会社が施工できます。木造軸組工法もしくは在来工法と呼ばれることも。オープンな間取りを取りやすく、通気性が良いのが魅力です。しかし、職人の腕によっては住宅の仕上がりにムラがあることも。充分な防止策を取っていなければ、白アリの被害にあう可能性が高いのも木造建築の住宅です。

確認申請について

建物を建築する場合、役所や民間の建築確認検査機関へ確認申請を行なう必要があります。申請を行なわなければ建物を建てることができません。確認申請時に必要な書類の1つに構造計算書がありますが、木造建築の場合は省かれることも。

問題はないのですが、しっかりと構造計算している木造建築住宅のほうが耐震性や耐久性に優れているか確認できるので安心です。

建物の耐震基準を調べる構造計算

建築基準法では、耐震基準を満たしているか確認するための方法として構造計算を行ないます。構造計算では耐震性のほか台風や積雪、地震などで発生する力が建物に与える影響を数字で出すことが可能です。建物を建てる上で重要な計算となりますが、木造建築の場合は省かれるケースがあります。

構造計算は手間が掛かる

構造計算は煩雑で、計算をした場合には、資料が100ページを超えてしまいます。計算の時間と手間をカットするため、「4号特例」と認められる建物には構造計算が使われません。4号特例とされる住宅は、木造2階建て以下、延べ面積500m2以下、高さ13m以下、軒の高さ9メートル以下が当てはまります。

構造チェックについて

構造計算をしない建物に関しても、建物の安全性を確かめる構造チェックが役所や民間の構造建築確認検査機関で行われます。しかし、建物の大きさや配置されている場所を確認しても建物内部の重要な部分のチェックは甘いことも。木造住宅を選ぶ際は2階建て以下の住宅でも構造計算や構造チェックをしっかり行なってくれる建築会社を見つけたほうが良いでしょう。

>>川越市の注文住宅が取り扱う工法を確認!

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円