コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 住宅工法から比較して選ぶおすすめ3社 » ツーバイフォー建築の耐震性は?
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

ツーバイフォー建築の耐震性は?

こちらでは建築工法の中でも一般的に用いられるツーバイフォー工法の概要と耐久性について紹介します。

ツーバイフォー工法とは

建築資材のサイズを表すツーバイフォー。2インチ×4インチの角材を使って骨組みを作り、そこに合板を張り合わせて一つの面にします。それらを床・壁・天井の四方面にあて、箱状の空間を作りだすことで、家全体を支える強さを生み出す工法です。

使用する角材のサイズが均一で、その工程も資材同士をつなぎ合わせる単純なものなので、職人の技術による仕上がりの差が生じにくいと言われています。

アメリカやカナダでは主流の建築工法ですが、国内でも多くの建築業者がこの工法での工事を受け持っているので、住宅の建築工法としての安心感もありますね。

住宅の耐震性・耐熱性

構造が簡易的だと、耐震性・耐熱性に不安を感じるのではないでしょうか。ここでは耐震性・耐火性について説明します。

耐震性

従来の日本家屋で用いられる柱を軸とした建築とは違い、面で構成された空間なので耐震性は高いと言われています。これまで国内で発生した地震でも耐えてきた実績があり、まさに面で支える強さを体現した工法なのです。

耐火性

地震対策と同じく、火事に対する備えもマイホームには欠かせません。ツーバイフォー工法を用いた建築物の多くは「耐火性能を保持している」と認められ、火災保険費用を抑えることができるほど、耐火性が認識されています。

ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

メリット

  • 工法が一般化されたことにより、短期間で工事を完了することができる。
  • 厚みを持った面同士をつなぎ合わせている構造になっており、高い水準の気密性・断熱性を持っている。

デメリット

  • 工程上、箱の様な構造を作らなければならず、間取りに制限が生じてしまう。
  • メリットとして述べた気密性の高さにより、外と建物内の温度差が生じやすい。そのため、害虫や結露対策を講じる必要がある。

一般的な工法だからこそデメリットを知ることが大事

安定性に富んだツーバイフォー工法ですが、デザイン性やオリジナリティを求めるマイホームには向かない傾向にあります。また、在来工法による建築技術の向上により、耐久性に関するメリットにも陰りも見受けられます。一般的な工法だから満足という選択ではなく、あなたのマイホーム願望に沿った工法を選択することが一番大事だと思います。

>>川越市の注文住宅が取り扱う工法を確認!

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円