コスパ◎でも長持ち!こだわりの家がつくれる川越の注文住宅なび
TOP » 住宅工法から比較して選ぶおすすめ3社 » ツーバイフォー建築の耐震性は?
こんにちは!管理人のマイコです。

赤ちゃんができたら、マイホームで元気に育てたいですよね? でも、決めることもお金の計算もやることはいっぱい! このサイトでは、川越在住のわたしが経験したこと、調べたことを皆さんにシェアしています。 おすすめのハウスメーカーさんも紹介しているので、後悔しないマイホームづくりの参考にしてください!

ツーバイフォー建築の耐震性は?

こちらでは建築工法の中でも一般的に用いられるツーバイフォー工法の概要と耐久性について紹介します。

ツーバイフォー工法とは

建築資材のサイズを表すツーバイフォー。2インチ×4インチの角材を使って骨組みを作り、そこに合板を張り合わせて一つの面にします。それらを床・壁・天井の四方面にあて、箱状の空間を作りだすことで、家全体を支える強さを生み出す工法です。

使用する角材のサイズが均一で、その工程も資材同士をつなぎ合わせる単純なものなので、職人の技術による仕上がりの差が生じにくいと言われています。

アメリカやカナダでは主流の建築工法ですが、国内でも多くの建築業者がこの工法での工事を受け持っているので、住宅の建築工法としての安心感もありますね。

住宅の耐震性・耐熱性

構造が簡易的だと、耐震性・耐熱性に不安を感じるのではないでしょうか。ここでは耐震性・耐火性について説明します。

耐震性

従来の日本家屋で用いられる柱を軸とした建築とは違い、面で構成された空間なので耐震性は高いと言われています。これまで国内で発生した地震でも耐えてきた実績があり、まさに面で支える強さを体現した工法なのです。

一見、柱と面だけの単純な工法なので地震に弱いと思われがちですが、面でできているため揺れなどにも強いとされています。単純だからこそよくできており、まさにシンプルイズベストといったところでしょうか。なぜ、揺れに強いかというと、揺れを面で受け止めるため力が分散します。面なので面積も多いですから揺れがダイレクトに伝わらないということですね。

構造に関してですが、鉄骨などは長く揺れが続くにですが、ツーバイフォーは制振構造と行って特別な揺れを制御する機能はなくて、面全体が制振性という揺れを制御する機能を持っているため地震に強いというのがあります。

最近はさらに耐震について強化がなされ、面についてもバランスよく配置することでさらに揺れを拡散させ、分散させます。接合部分でもより強固なものを使うことで、より地震に強くなっています。

東日本大震災で立証した強さ

実際に起こった大地震の際でもツーバイフォーの住宅が地震に強いということが立証されました。ある調査では、地震発生1カ月後にツーバイフォーでできた家を調査したところ、補修しなくても住むのに問題ない住宅が全体の9割以上を占めたと言います。

他の阪神淡路大震災や新潟中越地震などでも立証されており、実績から見ても安心な構造と言えるでしょう。

耐火性

地震対策と同じく、火事に対する備えもマイホームには欠かせません。ツーバイフォー工法を用いた建築物の多くは「耐火性能を保持している」と認められ、火災保険費用を抑えることができるほど、耐火性が認識されています。

木造は意外にも思われるかもしれませんが熱や火に強く、変形するのにも時間がかかる方で、火災が起こってから5分ほどしても形は変わらないので、倒壊の危険もないため、その間に逃げ出すことができます。

枠で構成されているので、火の通りを遮断する効果もあります。通常、上の階に火が燃え上がりやすいのが特徴ですが、枠組の資材がそれを食い止めて時間を稼ぐことができます。

火災保険も安い

通常、木造の建築物は鉄骨などと比べて火災の危険性が高いため、保険料も高くなることが通常です。

バイクなんかもそうですが、年が低いと事故の危険性が高いため料金も高くなります。

しかしながらツーバイフォー住宅は火災の危険が少ないと思われたのか、火災保険料も鉄筋や鉄骨と同じ料金です。古い日本の木造などは保険料などが高い可能性があるので調べて比較してみるのもいいでしょう。

他の木造造りの場合は、耐火性のある住宅にリフォームすると特別な設計が必要ですが、ツーバイフォーはもともと耐火性が強いので、そのような必要もありません。

ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

メリット

  • 工法が一般化されたことにより、短期間で工事を完了することができる。
  • 厚みを持った面同士をつなぎ合わせている構造になっており、高い水準の気密性・断熱性を持っている。

デメリット

  • 工程上、箱の様な構造を作らなければならず、間取りに制限が生じてしまう。
  • メリットとして述べた気密性の高さにより、外と建物内の温度差が生じやすい。そのため、害虫や結露対策を講じる必要がある。

一般的な工法だからこそデメリットを知ることが大事

安定性に富んだツーバイフォー工法ですが、デザイン性やオリジナリティを求めるマイホームには向かない傾向にあります。また、在来工法による建築技術の向上により、耐久性に関するメリットにも陰りも見受けられます。一般的な工法だから満足という選択ではなく、あなたのマイホーム願望に沿った工法を選択することが一番大事だと思います。

ツーバイフォー工法の特徴

こちらではツーバイフォー工法のさらなる特徴をご紹介します。

世界からみたツーバイフォー工法

ツーバイフォーと言うと世界的な住宅では最もポピュラーと言える手法で、特にアメリカ・カナダなど北米では全体の90パーセントほどがこのツーバイフォー住宅と言われており、他の地域でも普及している非常に実績もあり、人気も高い工法なのです。

日本でも広がりを見せており、昨今の景気からコスパもよく、納期も早い住宅として注目を集めており、注目されています。

2×4以外にも2×6や2×8も

そもそも何でツーバイフォーという聞きなれない言葉が用いられているかというと、使用する木材が2インチと4インチのサイズというシンプルな理由です。

1インチが2.54センチメートルとなり、縦は5.08センチメートル、横10.16センチメートルのサイズのものを組み合わせることになります。長さは様々にこのサイズの太さのものが所々に使われることになります。これが2インチ6インチならツーバーシックス、8インチならツーバイエイト、10インチならツーバイテンとなります。

耐風性

災害の激しい日本列島の中でも怖いのが台風。これもツーバイフォーなら接合部分にしっかりとした金具を用いているので台風や竜巻など異常気象に遭遇しても安心です。

また、基礎にもしっかりとした力が働いているので、強風でも吹き飛ぶことがありません。北アメリカなどハリケーンの被害からも強いことが立証されており、安心です。

断熱性・気密性

熱もこもることがないので、夏でも快適です。また、気密性も高く冬でもあったかく過ごすことができます。

実際、とんでもなく寒い北欧の国々でもこのツーバイフォー住宅はロングセラーで愛されていて、雪山の中にポツンとツーバイフォーホームが存在しているということもよくあります。

また、断熱性にも優れているので冷暖房費の節約にもつながります。床下の底冷えなども遮断しますし、春夏秋冬のある日本の風土でも十分適していて、寒さや暑さにもがくこともありませんので快適に過ごすことができます。

遮音性

断熱と同時に遮音にも優れています。オーディオ類や隣人の話し声や物音など、薄い壁のような住宅に住んでいるとよくありがちなこともなく、快適に過ごすことができます。

何故かというと隙間が非常に少ない造りとなっている上、断熱材など暑い素材が音をカットすることができるからです。

省エネ

最近の住宅は省エネやエコの構造を持った住宅に補助金を出す傾向があります。

ツーバイフォー住宅も、住宅の省エネルギーを推進しており、最新のトレンドにも適合しております。都道府県や市町村などの自治体で省エネ設計の住宅に補助金が出るので、通常の住宅より金額も高く、費用も浮かすことができますし、日々の電気代などのコスパもよく、導入するのに当たって初期費用は多少かかりますが、最終的に元が十分取れそうです。

シンプルな工法

ツーバイフォーの工法は非常にシンプルな工法です。

資材は2インチ4インチの形と決まっているわけなので、コストも安く抑えられ、組み立てるのも比較的専門的な技術を要しなくても完成することができます。

基本的には規定の角材をと合板を合わせて組み合わせます。これを全体的に配置することで出来上がります。

環境に優しい

木材も地球環境に優しい素材でできています。

木材は環境にも元来よく、木材を住宅に用いることで、大気中の二酸化炭素を吸収する機能もあるので、地球温暖化にもよく、酸素を生み出し、酸素カフェが家の中にあるようで、健康になることができます。

建設場所を選ばない

日本の住宅では国土が狭いため、空いた一角や複雑に入り組んでいる地形に家を建てざるをえない場合もあります。

通常こうした家は、建設がしにくいため門前払いで業者に断れることや、料金が高くなりがちです。しかしながらツーバイフォーであれば、どんなに狭い場所でも、組み立ててから土地に設置することなどが可能なので、その場で全ての工程を進める必要もなく、大型の機械を使っての作業が不要です。

また基礎が多少緩くてもできてしまうという驚きの住宅工法です。

工期が短い

シンプルな工法であるため工事の期間も短くすみます。建築費用も安く済みます。

例えば、土地を購入してからすぐ入居することができますし、無駄にアパートを借りですまなくても良く、タイムラグが出ません。決して手抜きというわけでなく、シンプルかつ丈夫にできる工法なので時間も節約でき便利です。

部屋も広々

基本的に面で構成され、無駄な柱がないので部屋が広々としています。日本家屋では部屋の中央に柱が立っていたりなどするのですが、そんなんこともなく、部屋が実際の広さより広く見え、精神的にも落ち着くでしょう。

また、内装やインテリアにも凝ることができるのでこだわりが強い人には最適かもしれません。また窓も広く取ることができるので、風通しの良い部屋もできますし、日光も十分部屋に取り入れることができるので、健康にも良いです。

>>川越市の注文住宅が取り扱う工法を確認!

川越市のおススメハウスメーカー3社
桧家住宅
省エネな家で
快適に過ごしたい
坪単価

42万円

桧家住宅公式HPで
情報をチェック!
桧家住宅に
電話で問い合わせる
増田建設
価格・安全性・性能
良いとこどりで
家を建てたい
坪単価

39.9万円

増田建設公式HPで
情報をチェック!
増田建設に
電話で問い合わせる
一条工務店
デザイン性重視の豪華な
注文住宅を建てたい
坪単価

56.5万円

一条工務店公式HPで
情報をチェック!
一条工務店に
電話で問い合わせる
住宅ローンシミュレーター君
%万円万円
返済額
万円
ボーナス返済額
万円
家賃掛け捨てシミュレーター君
万円
支払額
万円